自己破産について

芝桜

 

ギャンブルといった趣味にお金を費やすようになり、やがて足りなくなったお金を金融業者から借り入れたものの、毎月の返済ができずに生活を圧迫するケースが見受けられます。その他にも株取引といった資産運用での失敗で多額の借金を背負ってしまったというケースもあります。

 
返済できない借り入れなどを債務と呼びますが、この債務を整理してくれるのが弁護士や司法書士の仕事です。よく交通機関などでもポスターで宣伝されているように債務を自分で返済していけなくなった場合に弁護士事務所などへ相談に行きます。

 
弁護士事務所などでは、債務整理を任意整理か自己破産のどちらかで解決していきます。借り入れをした債務者の収入や財産によって返済していけると認められれば、任意整理という方法で解決してもらえます。

 
しかし、中には債務者の収入や財産をもってしても債務の整理ができないと認められる場合には破産手続きという方法で解決してもらうしかありません。破産手続きが開始されると、生活が制限されますし、一定期間は就くことができない職種もあります。自分の生活に必要な物以外は債権者の配当として処分されてしまいます。そういった財産などもない場合には免責手続きによって、債務の免責が認められることもあります。