同時廃止って何?

多額の借り入れや住宅ローンの返済が滞った場合に自己破産をする方法があります。自己破産と聞くと家族を巻き込む形になってしまうとお考えでしょうが、あくまで自分で所有しているものを処分し債務整理を行っていく制度です。
法人ではなく個人の破産申し立て手続きには、破産手続き開始申し立てと、免責許可申し立てという2つの申し立てを同時に行います。破産手続きが開始されると、破産者の不動産や家財道具といった所有物をお金に換えて債権者たちに配当をします。
しかし、個人で行われる自己破産の場合には、生活できるだけの家財道具やお金は配当金に回すことができないですし、不動産といった資産を持っていることは極めて稀なケースです。配当金の準備ができないと破産管財人は必要なくなってしまいますから、破産管財人の選任をしないまま破産手続きの廃止を裁判所が行います。
破産開始の決定と破産胚子の決定は同時に行われるため、これを同時廃止と呼んでいます。では、破産廃止の決定がされた場合には免責許可の手続きがとられるようになっています。免責許可の手続きでは、一定期間内に債権者からの免責についての意見がなければ、免責許可決定が行われます。この決定によって、債務の支払いが免除される制度です。

Comments are closed.