保証人への影響について

さまざまな債務整理の中で、ブラックリストに載ってしまう期間が一番長いとされているのが自己破産です。自己破産というのは、持っている借金をゼロの状態にして新しい人生をスタートさせてもらうことができるというものです。しかしこのような良いことよりも悪影響のあることの方が大きいので、そこをしっかりと肝に銘じておかなければなりません。

 
自己破産をしてしまったら、必ず保証人にその旨を伝える必要があります。というのは、債務者本人が自己破産してしまった場合はその借金の返済を引き受けてもらわなければならないからです。

 
ですから早い段階で正直に事情を話すべきであると言えます。場合によってはその人までも自己破産しなければならない状態になることもありますが、契約の段階からそういった最悪の事態を覚悟しているはずです。保証するということは、このように非常に責任の重い役割なのです。

–¼Ì–¢Ý’è-2
もしも債務者から何の説明やお伺いもなく、勝手に連帯保証者にされてしまった場合はどうなのでしょうか。その場合には、法的にその役割を担っているわけではありませんので、もし請求が来たとしても拒否することができます。あくまでも債務者がお金を借りている金融業者と契約を行っていない限りは、その役割を担う必要はないのです。

Comments are closed.