家族に知られたくない場合

自己破産は、とても深刻な問題です。自己破産してしまうと、自分が破産してしまったという事が、周りにばれてしまうのも、本人にとって、とてもつらいものです。そのため、自己破産は、債務者の誰もが避けたがる道です。

 
因みに、自己破産を避ける方法の一つとしては、個人再生や債務整理などがあります。債務整理は、弁護士さんなどに、債務の整理をしてもらう事です。自己破産は、自分がもう払えるお金がないと主張するためにも、本当に全財産を捨てなければならず、本人にとって、とても苦しいものです。たいてい、自己破産した後は、債務整理をする事となります。

 
自己破産してしまうと、同居している家族にも知られてしまうので、その中でも気まずい思いをしてしまいます。

 
中にはそれがつらくて、別居する方もいます。親族の方や周りのご近所様にも、破産してしまった事がわかってしまうというのは、本人もとてもつらいものです。周りの人に知られてしまうというのは、自己破産した人の名前が、官報に掲載されてしまうからです。名前や住所など、ごく基本的な内容しか載りませんが、官報に載る事で、公になってしまいますし、金融のブラックリストにも掲載されてしまうのです。
自己破産は、身内の方にも迷惑がかかってしまうので、できればあまりとりたくない方法ですね。

Comments are closed.