会社に知られたくない場合

自己破産をすれば必ずブラックリストにのります。このブラックリストとは何のことをさすのでしょうか。

 
クレジットカードを作ったり、金銭の借り入れをした場合、信用情報機関に登録されます。しかし、いったん返済が滞ったり、自己破産などの債務整理をした場合には事故情報として登録されてしまいます。この登録情報がブラックリストと呼ばれるものです。ブラックリストというリストがあるわけではありません。
ブラックリストにのるというと、何かとんでもないことをしてしまったような気持ちになってしまいます。しかし、自己破産は法律上認められた権利です。堂々と行っても問題ありません。けれども、できることなら他人に知られず事を進めたいものです。

 
自己破産をするにはさまざまな書類が必要です。入手が容易なものがほとんどですが、注意が必要なのが退職金計算書です。これは今退職した場合、いくら退職金がもらえるかという証明書で、勤務先の会社に請求する必要があります。この時、使い道を聞かれる場合があり、これが厄介となります。住宅ローン審査につかうなどと回答すれば、ばれることなく入手できます。

 
また、退職金についての規程がきめられている退職金規程があれば、それで代用することも可能です。

Comments are closed.